スポンサーリンク

【失敗談有】米国株買付時 円からドルにするならどこ!?

増やす力
この記事は約3分で読めます。

米国株初心者のあかばねです。

初心者なりにドル転についてまとめてみました!

結論から言いますと、住信SBIネット銀行一択です。

失敗談もありますので、初心者の方は参考になるかも!?

では、どうぞ!

銀行・証券会社のドル転手数料一覧

銀行・証券ドル転手数料/1ドルにつき(片道)
住信SBIネット銀行
①通常時
0.04円
住信SBIネット銀行
②外貨積立時
0.02円⇒0円
※2021年3月31日約定分まで
楽天銀行0.25円
三菱UFJ銀行
①通常時
1円
三菱UFJ銀行
②外貨積立を新規申込時
0円
※2021年3月31日までキャッシュバックキャンペーン
三井住友銀行
①店頭
1円
三井住友銀行
②外貨自動積立時
0.5円
みずほ銀行2円
SBI証券0.25円→0.04円
※2021.2.26までキャッシュバックキャンペーン
楽天証券0.25円
マネックス証券0円
※定期的な見直しの結果有料になることもあり
2021年2月19日あかばね調べ

比較結果

住信SBIネット銀行・三菱UFJ銀行・マネックス証券が驚異の0円!!

住信SBIネット銀行はキャンペーンでなくても外貨積立時手数料は0.02円!!

通常でこの手数料は安い^^

積立設定など少し手間ではありますが、なるべく手数料をかけたくない方にはおすすめです。

他行もキャンペーンや定期的な見直しがあるので要注意ですが、うまく利用したいですね。

住信SBIネット銀行はSBI証券への送金もスムーズ

これもありがたいことに手数料無料で送金できちゃう!

ATMや窓口へ行く必要もなく、ネットでポンっ♪

即時、買付余力に反映されます^^

住信SBIネット銀行住信からSBI証券への外貨送金

失敗談

楽天銀行と楽天証券間はドルでの送金はできない

当初あかばねは、楽天もSBIと同じ仕組みだと勘違いし

ドル建生命保険の解約返戻金⇒楽天銀行にドルで受取をしました。

あかばね
あかばね

ドルで受け取って、そのまま米国株買えばドル転する必要ないじゃん♪

あかばね、あったまぃぃー!

あかばね
あかばね

手続きしなくてもマネーブリッジで勝手に買付余力に反映されるんでしょ?
ん?なになに??

画像:楽天証券より
あかばね
あかばね

・・・・えぇぇぇぇ!楽天銀行からはドルのまま送金できない!?

そうなんです。マネーブリッジはドル対応してないんですって。

やらかしました。

リサーチ不足です。

皆さんはこんな失敗しないと思いますが、誰かのお役にたてらばと情報共有です・・・涙

あかばねメモ
  • 住信SBIネット銀行⇒SBI証券
    ドルの送金無料24時間ネットで手続き即反映
  • 楽天銀行⇒楽天証券
    ドルの送金不可:SMBC信託銀行・三井住友銀行からのみドル送金OK

銀行と証券の間違え

上記失敗を教訓に、他行の手数料を調べ・米国株買付にはどこが良いのか調べ

いきついた住信SBIネット銀行でドル転をしたつもり・・・でした。

あかばね
あかばね

SBIは0.04円だったよね!

あかばね
あかばね

あったあった♪これこれ♪

よし!ドル転したぞー

SBI証券キャンペーン
画像:SBI証券より
あかばね
あかばね

・・・ん・・?あれ・・?【キャンペーン】???普通に0.04円じゃないの?

しかも【実質】?あとからキャッシュバック!??

【SBIは手数料が0.04円!!】を意識しすぎて、キャンペーン中の↑の画面で判断し

SBI証券でドル転をしていたのです・・・

住信SBIネット銀行でのドル転が、通常時0.04銭ということに後から気付きました。

でもこの失敗のおかげで、もっと調べ外貨積立にするとさらにお得だと分かったので

意味ある失敗でした。

まとめ

本日の学び
  • 銀行・証券会社で手数料は結構違う
  • 同じ銀行内でも、外貨積立時など条件やキャンペーンによって手数料が変わる
  • 銀行口座⇒証券口座へドルで無料送金できるのはSBI

自分でドル転してみて、情報が多く調べるのにすごく時間を要しました。

勘違いも、失敗もありました。

でも、おかげでこの記事を書くことができ、自分の成長を感じられています^^

この記事が少しでもドル転で悩んでる方の力になれたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました