スポンサーリンク

モバイル端末で動画見せすぎ!?子供の視力低下

家事・育児
この記事は約4分で読めます。
にほんブログ村 にほんブログ
にほんブログ村

/ポチっと応援お願いします♪\

こんにちは!あかばねです^^

今回はモバイル端末で動画見せすぎ!?問題についてです。

デリケートな問題ですよ…

あかばね
あかばね

叩かれる!?
炎上する!?ガクブル

ガクブルしながらも、あかばね家は動画をどういう風に見せているのか書きたいと思います。

子供ってYouTube好きですよね…

YouTubeに限らず現代は色んな動画のサブスクがあります。

あかばね家では、AmazonプライムビデオU-NEXTを契約中。

あかばね
あかばね

いや、大人でも永遠に見れちゃうもんね。
そりゃ子供も夢中になりますよ。

我が家は長女が産まれてから

スマホやタブレットを見せないように気を付けよう!
見せるときはテレビ画面で!

と、たまにタブレットで見せることはありましたが頻度は少なかったです。

始まりは【コロナで自粛】

時は流れ長女(年長)・長男(年少)・次男9ヶ月

あかばね家の住む地域でもコロナの影響で保育園の登園自粛が2020年3月~3週間くらいありました。

そこから始まってしまったのです。

子供たちのありあまる時間。

最初は100均で塗り絵やめいろの本を買ってやらせたり、一緒にお菓子を作ったり公園に行ったり…

一応頑張ってたんです。


が、9ヶ月の次男に時間がとられ上2人にあまり構ってあげられず

子ばねたち
子ばねたち

タブレットでゲームしたい!

と上の子2人が言い出しました。

つみかさなる疲労…

自分の時間欲しい…

ちょっとだけなら良いよね…

あかばね
あかばね

1時間だけね。

とタブレットでゲームを日常にしてしまったのです。

ゲームからいつしか

子ばねたち
子ばねたち

YouTube見てもいい?

になりタブレットでYouTubeを見せていました。

長いときは2時間くらい見せてしまってたことも…

叩かれる!?ガクブル

あかばね
あかばね

だって家事が進むしラクなんだもん。

あ~あ。言っちゃいましたよ。禁句を。

そうです。ラクなんです。

動画見るために寝る準備とかメッチャ早くなるし、おとなしく動画を見てくれているとラクなんですよ涙

罪悪感ありながらもラクな方へ流されていました。

視力低下で病院へ

我が子ではないですが、甥っ子くん(小4)が視力下がってしまい眼科へ通院することに。

1年前はA判定だったのに今回D判定になったと!

現在の視力がだいたい0.2とか…

甥っ子くんも普段、スマホやタブレットで動画を見ていたそうな。

眼科の先生より

眼科の先生
眼科の先生

スマホやタブレットを見すぎると目の筋肉がその位置でかたまってしまう
⇒近くは見えるが遠くが見えない状態に(近視)

治療として

・筋肉を緩める目薬を使用してみる(2週間)
⇒10人に3~4人はそれで回復する
・目薬で回復しなければ
⇒眼鏡をかけることになる

注意事項

1.スマホやタブレットは30分!
2.寝ながら見ない!

(斜視になる可能性があるそう)

その話を聞いて

『ラクなんだもん』とか言ってる場合じゃない!!

と身が引き締まる思いでした…反省

それからのあかばね家

子供たちとルールを決めました。

動画を見るときのルール
  1. 夜に30分のみ
    ⇒アプリ【YouTube kids】を使う
    ※アプリの存在はこちらの記事で知りました→こはるパパブログ
  2. モバイル端末の使用は禁止(テレビ画面でのみ)
  3. ソファーに座ってみる。寝ながら見ない。

最初は

子ばねたち
子ばねたち

なんでー!?

の大合唱でしたが甥っ子くんが実際に通院している話もしました。

身近な子の話だからか比較的素直に受け入れてくれました。

しかし動画を見ていた分、子供たち暇をもてあます訳です。

子ばねたち
子ばねたち

何したらいい~?
ひまだよ~

ブーブー言うので

あかばね
あかばね

お母さんに絵本読んでよ♪

と読んでもらい逆に読んであげ、を何度か繰り返しているうちに子供たちだけで“赤ちゃんごっこ”が始まりました笑

あかばね
あかばね

これ!

これやで!
これが子供たちのあるべき姿やで!
(急にカタコト関西弁笑)

そんなこんなで子供たちだけで遊ぶ時間が増えると良いなと思います☆

さいごに

主に動画見すぎによる子供の視力低下について書いてみました。

どうでしょうか?

様々な意見があると思います。

『スマホやタブレットに子守りさせてはいけない』

保育園や小学校からプリントを配られたりしますよね。

分かってます!

分かってますが「どうしても…」って時ありませんか?

外出先でやむをえずモバイル端末を使用させる時は周りの視線が気になりますガクブル

今後は

【見せない・触らせない】

ではなく

モバイル端末との程よい距離感を子供に教えることが必須になると思います。

便利な時代になればなるほど道具とじょうずに付き合っていかないといけませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

あかばね家の観察 - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました